日・ブルガリア・ビジネス協会 理事紹介

President of the board of JBBA - Vladislav Mihov

ヴラディスラフ・ミホフ

ヴラディスラフ・ミホフ氏は、ソフィア大学法学部を卒業後、1992年に国際的なタバコ製造会社R.J.レイノルズに入社しました。同社の世界各地の拠点を1999年に買収して新たに設立された国際タバコ製品会社JTIに移ってからは20年間様々な役職を歴任、国内外での市場を担当してきました。2012年より、JTIグループのブルガリア法人であるJTIブルガリアのゼネラルマネージャーを務めています。

JTIブルガリアは、ヴラディスラフ・ミホフ氏が理事長を務める日・ブルガリア・ビジネス協会の設立法人の一社です。ミホフ氏は、今後ブルガリアの経済および社会生活において日本のビジネスがもつ役割は重要性をさらに増していくことを見据え、協会は両国の取引の発展、並びにブルガリアでの責任ある優れた商慣習を促進する活動を目指していきたいとしています。

Stamen Bankovski

スタメン・バンコフスキ

アステラス製薬のハンガリー、ブルガリア、ルーマニア担当ゼネラルマネージャーであるスタメン・バンコフスキ医師は、25年以上前に製薬業界でキャリアをスタートさせ、アボット・ラボラトリーズ、サノフィなどで働いてきました。2014年、バンコフスキ氏はブルガリア担当ゼネラルマネージャーとしてアステラス製薬に入社し、2017年からはハンガリー・ルーマニア市場も担当しています。

アステラス製薬は、2020年末に日・ブルガリア・ビジネス協会を設立した3社のうちの1社であり、バンコフスキ氏は、協会の理事会メンバーの1人であると同時に、理事会の初代副会長も務めています。協会の主な目標として、バンコフスキ氏は、ブルガリアにおける日本企業の持続可能なビジネス環境の整備、日本企業間の良好な協力関係、日本からの新規投資の誘致・促進を挙げ、それらに向けた活動を行う予定であると述べています。

Todor Kesimov is General Manager of Takeda Bulgaria EOOD

トドル・ケシモフ

トドル・ケシモフ氏は、ブルガリアの財務会計担当として2012年に武田薬品工業に入社しました。翌年、ルーマニアとブルガリアの財務・ロジスティクス部門の責任者に就任。2017年から2018年にかけては、同社のバルカン地域の財務部門を率いていました。2018年初めに武田薬品工業のブルガリアにおける現地法人のゼネラルマネージャーに就任しています。武田薬品工業が2019年末にシャイアーを買収した後も、引き続きケシモフ氏が武田薬品工業ブルガリアのゼネラルマネージャーを務めています。

武田薬品工業は2020年末設立の日・ブルガリア・ビジネス協会の設立企業の一社であり、ケシモフ氏は新しく設立された協会の最初の理事会のメンバーです。ケシモフ氏は協会について、ブルガリアで活躍する代表的な日本企業を束ね、ブルガリアの経済環境を改善するための協力のプラットフォームとなること、そして日本からブルガリアへの投資をより多く呼び込むことを、とりわけ重要な課題としています。

Logo of JBBA

日・ブルガリア・ビジネス協会の使命は、ブルガリアにおける日本企業の活動促進、日本企業のブルガリア進出支援、両国間のビジネス関係の促進と支援です。

連絡先

住所: бул. Мария Луиза 9-11, 1000, София, България
Mobile telephone: +359 882 42 12 38
Fax: + 359 2 423 28 87
Email: office@jbba.bg

2020 © JBBA 日・ブルガリア・ビジネス協会 All rights reserved.